“お坊さん売電” 電力会社より2%安く一般家庭へ(18/10/15)youtubeようつべ動画
京都の僧侶らの会社 電力小売り事業に参入へ 檀家減少が背景に

K10011671551_1810150447_1810150448_01_03
檀家の減少で経営が厳しい寺院が増える中、新たな収入源を確保しようと京都の寺の僧侶たちが会社を設立し、中国地方で電力の小売り事業に参入する方針を固めました。

電力の小売り事業に参入する方針を固めたのは、京都市下京区に本社がある「TERAEnergy」です。

関係者によりますと、この会社は京都の西本願寺の僧侶が中心となってことし6月に設立したもので、過疎化などで檀家が減り寺の経営が厳しくなる中、電力の小売り事業に参入し新たな収入源を確保する狙いがあります。

中国地方には、広島県や山口県を中心に3000余りの西本願寺派の寺があり、全国的にも多いことから、檀家のネットワークを活用し中国地方5県で、来年4月から家庭向けに電力を販売するということです。

この会社では、太陽光やバイオマス発電などの電力を供給する、福岡県みやま市の電力会社「みやまスマートエネルギー」から電力を調達する予定で、再生可能エネルギーの普及も促したいとしています。

料金は、中国電力より2%ほど安くする方針で、初年度は一般家庭4000戸の顧客獲得を目標にし、事業が軌道に乗れば、太陽光発電などをみずから行うことも検討しています。

電力の小売りの全面自由化で、新規に参入したいわゆる「新電力」と既存の電力会社が販売競争を繰り広げていますが、寺の関係者が売電事業に乗り出すことで競争が激しくなりそうです。

背景に寺の経営の深刻化
僧侶たちが電力事業に乗り出す背景には、寺の経営が年々、厳しくなっている実情があります。

寺院の関係者によりますと、人口減少や過疎化、それに住民の都心回帰などライフスタイルの変化で、寺の経営を支えてきた檀家が年々、減少し、収入が減っています。

このため老朽化した本堂を修復できなかったり、後継者が見つからなくて存続が危ぶまれたりするなど、経営が深刻化している寺院も少なくないということです。

僧侶たちが設立する会社では、中国地方の西本願寺派の寺に対し、檀家や地域の住民に自社の電力を使ってもらえるよう「営業活動」を依頼することにしています。

そして、それぞれの寺が獲得した契約件数や各家庭の消費電力に応じて、この会社が寺に報酬を支払い、寺の経営資金として活用してもらうことで、寺の維持に役立ててもらう狙いがあります。

この事業には、ほかの宗派の寺の関係者も関心を示していて、「TERAEnergy」では事業が軌道に乗れば、宗派を超えて多くの寺に参加を呼びかけるほか、中国地方以外の地域への進出も検討しているということです。


 引用元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181015/k10011671551000.html
西本願寺とは(Wikipedia)

gui_01_ph001

西本願寺(にしほんがんじ)は、京都市下京区にある仏教寺院。浄土真宗本願寺派の本山である。山号は龍谷山(りゅうこくざん)。

西本願寺は通称であり、正式名称は「龍谷山 本願寺」、宗教法人としての名称は「本願寺」である。京都市民からは「お西さん」の愛称でも親しまれている。真宗大谷派の本山である「東本願寺」(正式名称「真宗本廟」)と区別するため、両派の本山は通称で呼ばれることが多い。文永7年(1272年)、親鸞の廟堂として京都東山の吉水の地に創建された。その後、比叡山延暦寺から迫害を受けるなど場所は転々とし、現在地には天正19年(1591年)、豊臣秀吉の寄進により大坂天満から移転した(詳細は後述「歴史」の項参照)。

境内は国の史跡に指定され、「古都京都の文化財」として世界遺産にも登録されている。[注釈 1]

本願寺住職が浄土真宗本願寺派の門主となる。


国宝
御影堂[6] - 堂正面に「見真」と書かれた額が掲げられている。親鸞は明治天皇から見真大師の大師諡号を1876年に贈られた。ただし、2008年の「宗制」改正によって、「見真大師」の語は「宗制」から削除されている。
阿弥陀堂[7] 附:渡廊下、喚鐘廊下
書院(対面所及び白書院)
北能舞台
黒書院及び伝廊 2棟
飛雲閣 - 金閣(鹿苑寺)、銀閣(慈照寺)と並んで「京の三閣」と呼ばれる。
唐門
紙本墨画親鸞聖人像(鏡御影) 附:絹本著色親鸞聖人像(安城御影)・ 絹本著色親鸞聖人像(安城御影副本)
『観無量寿経註』 親鸞筆 
『阿弥陀経註』 親鸞筆 
熊野懐紙(後鳥羽天皇宸翰以下11通)附:伏見宮貞敦親王御添状1巻、飛鳥井雅章添状1巻
三十六人家集37帖、附:後奈良天皇宸翰女房奉書1幅
所在地京都府京都市下京区堀川通花屋町下ル門前町60
位置北緯34度59分31.37秒東経135度45分5.8秒座標北緯34度59分31.37秒 東経135度45分5.8秒
山号龍谷山
?山
宗旨浄土真宗
宗派浄土真宗本願寺派
寺格本山
本尊阿弥陀如来
創建年大谷本願寺 - 元亨元年(1321年)
西本願寺 - 天正19年(1591年)
開基大谷本願寺 - 本願寺第3世・覚如
西本願寺 - 本願寺第11世・顕如
中興年文明3年(1471年)頃
中興本願寺第8世・蓮如
正式名龍谷山 本願寺
別称お西さん
文化財国宝)書院、飛雲閣
重要文化財)絹本著色聖徳太子像、
公式HP本願寺(西本願寺)


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E6%9C%AC%E9%A1%98%E5%AF%BA



■以下、ネットTwitter民の反応(記事内に画像・動画等あり)■



西本願寺派ってことは浄土真宗だし、そのあたりのタブーも少なそうな印象。

西本願寺派が作った電力会社、太陽光やバイオマス発電って言ってるけど本当は徳ジェネレータに僧侶が入って徳エネルギー取り出す計画なんでしょ

西本願寺の皆さまがテキストエディタやターミナルエミュレータを開発されることを希望します #あえて名称は伏せる

西本願寺でも檀家減少
実家の田舎では年寄りなくなったら抜ける人多い。
寺の存在価値なくなる時代。


テラエナジーのネーミングセンス最強www
西本願寺さん系は檀家さんに負担かけないように寺サイドで商売頑張っている印象があります。(個人の感想)

寺の電力小売り業参入の話見て、どこの寺だろ?と思ったら西本願寺なのね。仏教はよく分からないし、良いか悪いかなんてもっと分からないけど、なんか室町時代もこうやって寺が寺として以上の力を持っていったのかなぁとぼんやり思ってしまった。

電力小売り業で財を成した西本願寺は東西本願寺を統一すべく、兵器と阿弥陀仏、すなわち機法一体のドクトリンを定め仏教国家であるタイから空母「チャクリ・ナルエベト」を購入し「極楽浄土」と改名。大阪一帯を制圧し、京に侵攻。ここに第二次石山合戦と呼ばれる戦いに突入した。

西本願寺って新撰組好きには有名な所なのか。
ちょっと前の自分ならその理由は分からんやったろうな。

強制でない学問は、楽しいものだな。

新選組の屯所。西本願寺にあったこともあるのやで。

西本願寺の僧の法力で発電するのか


京都の西本願寺が檀家が減って経営が厳しいから電力販売しますってだいぶ意味わからないんだけど、会社名がTERA Energy株式会社でそれはずるいって思ったw

西本願寺関係で電力事業に参入とか、本堂の屋根に太陽光パネルでも積むのかと思った。

西本願寺が電気売り出すとか信長もビックリやで…


お寺の維持が大変だから電力小売り事業に参入するというのはおかしい。
人口減少や過疎化だけで檀家が減少したのでは無い。
お寺の維持の為にお布施が使われてなかったり、お布施とは別に維持費を請求するから、トラブルによる改宗で檀家が減少した。
問題と思わないのか?
#西本願寺 #電力小売り事業

西本願寺の僧侶たちがその名も「TERA Energy㈱」を設立し来春から一般家庭に電力小売事業を開始。背景に過疎化による檀家減少で新たな収入源確保の必要。意表を突く着眼、この僧侶たち只者ではない。仏教との関係は謎だが家庭に灯りを灯しましょうってことなら関係がありそうななさそうな。

御坊(和歌山県御坊市)西本願寺の別院である日高別院の門前町で、「御坊寺内町」とも呼ばれる。町の歴史は16世紀の終わり頃に始まり、紀州街道や日高川水運などの交通の要衝としても発展した。日高別院が面する東町の通り沿いなどに、古い町並みが見られる。

「京都の僧侶」というが、西本願寺が本気出したら、かなり営業力あると思われる。

西本願寺が電力事業か。寺院がインフラに介入しだすとまた寺内町が出来るかもな



# 電力小売り事業 #西本願寺
お寺は納税額が低いはずだし、なぜコストをかけてまで儲けようとするのか?
近所の生え抜き学生を集め、道徳付の学習塾を料金安めに設定して経営したら大手を凌ぐぐらいカッチリしたものになると思うけど。

西本願寺の新電力、TERA Energyって言うのか。
今だったら僧兵を擁したらTERA FORCE、
合体可能な戦闘機を作ったら TERA CRESTAになりかねないということか(それはない

@sho_tada 東本願寺は50Hz、西本願寺は60Hzですね。わかります。

なんで西本願寺は電力を供給してんの

寺エナジーか。
「中国地方には、広島県や山口県を中心に3000余りの西本願寺派の寺があり、全国的にも多いことから、檀家のネットワークを活用し中国地方5県で、来年4月から家庭向けに電力を販売するということです。」
中々のネットワークですな。

たぶん厳密に言えば、浄土真宗の宗派は本願寺派と真宗大谷派に大きく分けられていて、西本願寺や東本願寺は宗派じゃなくてご本山の名前。

なんかで西本願寺の映像見たのなんだったっけ 最近の話なのにもう忘れた


ポケットモンスター 西本願寺派/東本願寺派

件の電力小売事業だけど、「西本願寺が」ではなく「本願寺派の僧侶達が」でしょ??西本願寺が始めるのであればめっちゃ驚くけど……

こんなところでツイートすることじゃないけど、西本願寺が電気事業参入とか理解できない。
…だいぶお金持ってるよね。
何億もかけてミュージアム作ったりしてるし、そことかにバスツアーで檀家さん連れて行って収入得てるよね。
下位組織の本当に困ってるお寺の負担になるだけだよ。

朝のニュースで西本願寺に反応したらこれだっあ


@chikoski 西本願寺さん 色々やりはりますなぁ〜〜
太陽光なら 光明摂取なんでしょうか💦(笑)


バスを待ってたら知らないご年配夫婦に「中央駅までどうやっていくのかしらねぇー。時刻表破れて見れないわ。西本願寺ってどこにあるかしら?」って続けて質問うけて、「お寺は知らないですけど私も向かうので一緒に行きましょ」って案内した。

ってか、なんで私そんなに話しかけられんの?😓

できたこと
宣言通り京都行けた
西本願寺みられた
三十三間堂いけた
天狼院書店にいけた
予定通りの新幹線飛び乗れた
お土産買えた
パン買えた
洗顔してからご飯食べられた
バス一日乗車券買えた
荷物すぐばらせた
素敵な本に出会った
意外と回っていることに気づけた
美味しい朝ごはんが食べられた

京都の西本願寺の僧侶の方達が中心となって電力小売り事業に参入するらしい。
その名も「テラ・エナジー」
お寺も大変だなぁ‥

西本願寺でさえ檀家の減少に悩まされるなんて...

関係者によりますと、この会社は京都の西本願寺の僧侶が中心となってことし6月に設立したもので、過疎化などで檀家が減り寺の経営が厳しくなる中、電力の小売り事業に参入し新たな収入源を確保する狙い

また、浄土か…

西本願寺滴翠園内にある飛雲閣は(聚楽第)の遺構と伝えられ、金閣・銀閣とともに京都の「三閣」と称される。一層には招賢殿や舟入之間があり、二層は三十六歌仙を描いた歌仙の間で、三層は(摘星楼)と呼ばれる #kyoto

西本願寺レベルだと建物が文化財だろうし
減ったとは言え檀家がいるならそのためにやらにゃいかん

檀家からの集金ウケるーって思ってたけどうち西本願寺派です

西本願寺には売電じゃなくってクラウド屋やって欲しいわ。ストレージは数百テラ格安でと。寺だけに。(激寒)

西本願寺のTERA Energy凄く容量と徳が高そう

京都の僧侶らの会社
もうトレンドからしてパワーワードすぎる
なんだこのサイバーパンク的な何か
「京都西本願寺の僧侶が中心となり電力小売り事業の参加」というだけでも言霊すごいのに企業名が「TERAEnergy」
バカな
つよすぎる

従姉妹の双子ちゃんの供養してくれたの京都の西本願寺だから京都行ったらお参りするけども、安宅は東本願寺にいつも分骨させて貰ってるから結果両方にお参りしてる。
ホンとは仲良くないしあまりね・・・・www😅

西本願寺クラスの有名寺でも檀家の減少って言うと衝撃あるなぁ。
人口減るわけだし、宗教も比較的自由だしな。檀家の子が檀家になるかは別問題だよな。

引用:
中国地方には、広島県や山口県を中心に3000余りの西本願寺派の寺があり、全国的にも多いことから、檀家のネットワークを活用し中国地方5県で、来年4月から家庭向けに電力を販売するということです。

非原発エネルギーは時代の流れ!
京都西本願寺がすでに自然エネルギー事業をスタートさせた。日本全国の敷地で全国に電力供給の計画。

宗教ネットワークVS原子力ムラ!

面白くなってきた日本エネルギー。