DndbOh-VYAcgc14
DndbOiAVsAUgyEX
DndbjZ9U4AEdZaB








DncZ705UYAA-ivU
DncZ702U0AAs8dT
DncZ706VYAAD9Ut






新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々

https_%2F%2Fcdn.mai

自社の月刊誌に「造反」した「新潮社出版部文芸」のアカウント。創業者の言葉の投稿が固定されている=ツイッターより

自民・杉田議員の擁護特集めぐり
 月刊誌「新潮45」が最新号で、性的少数者(LGBTなど)を「生産性がない」と否定した自民党の杉田水脈衆院議員を擁護する特集を組んだ一件。版元のツイッター公式アカウントの一つ「新潮社出版部文芸」が特集を念頭に置いて同社創立者の言葉を投稿。特集への批判的な意見を次々にリツイート(拡散)し、他の出版社がこれを応援する異例の事態となっている。【宇多川はるか】

同誌は18日発売の10月号の特集で「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」と題し、7人の寄稿を掲載。その中で文芸評論家の小川栄太郎氏は、LGBTが生きづらいなら痴漢も生きづらいなどと主張し、「彼らの触る権利を社会は保障すべきでないのか。触られる女のショックを思えというか」と記述した。ツイッター上には<慄然(りつぜん)とする>や<新潮も堕(お)ちるところまで堕ちた>など批判が渦巻いている。

 そんな中で「新潮社出版部文芸」が創立者佐藤義亮の言葉「良心に背く出版は、殺されてもせぬ事」を投稿し、特集への批判を次々に拡散。これに<社内からこういった行動をとるのはどんなに勇気がいることか>や<中の人頑張って>と共感が広がっている。

 さらには「岩波文庫編集部」のアカウントも19日に<新潮社出版部文芸さんの志、共有したいと思います>と投稿。「河出書房新社」も佐藤の言葉を引き<これは新潮社さんの社是>と投稿した。

 公式アカウント「新潮社出版部文芸」について、新潮社宣伝部は取材に「特定個人の発信ではなく複数の社員で共有している」と説明。今回の「造反」について「新潮45の記事には社内でもさまざまな意見がある。弊社は言論の自由を最大限に尊重する立場から各部署、社員の個人の意見表明に関して言論統制のようなことは従来より一切行っていない」と文書でコメントした。

 新潮社の「造反」への反応は称賛や応援が大半だ。しかし、中には<RT(リツイート)をみんな英雄視しているが茶番にしか見えない>や<やはり文芸書編集部としての意見をきちんと表明すべきだ>と批判的な意見も少数ある。

発端、杉田氏「『LGBT』支援の度が過ぎる」の寄稿
 問題の発端は、同誌が8月号に掲載した杉田氏の「『LGBT』支援の度が過ぎる」と題する寄稿だ。「LGBTカップルのために税金を使うことに賛同が得られるのか。彼ら彼女らは子どもを作らない、つまり生産性がない」と性的少数者を攻撃する内容。「ナチスの優生思想」「相模原障害者殺傷事件の植松聖被告と重なる」と批判が広がり、自民党本部前で辞職を求める抗議集会も開かれた。

 自民党内では「いろんな考えの人がいる」(二階俊博幹事長)と問題視しない空気が強かったが、批判の拡大に配慮し、党は最終的に杉田氏を指導。寄稿について公式サイトで「問題への理解不足と関係者への配慮を欠いた表現がある」との党見解を公表した。

 杉田氏について安倍晋三首相は今月17日、TBS系の総裁選候補討論番組で「『お前もう辞めろ』ではなく、まだ若いですから、これからしっかり注意しながら仕事をしてもらいたい」と、今後への期待を表明した。


 引用元:https://mainichi.jp/articles/20180920/k00/00m/040/082000c
「杉田水脈LGBT差別問題」の経緯を振り返る

今回の問題が争点の一つとなる可能性はあるのだろうか。

「(LGBTは)生産性がないのです」。

自民党の杉田水脈衆議院議員が『新潮45』に寄稿した論考に批判が殺到、炎上に発展した。

本文の差別的で悲惨な内容については各所で解説、批判されている通りだ。しかし、主要与野党のほとんどは杉田氏の寄稿文に問題があると発言しているにもかかわらず、未だ杉田氏本人からの謝罪や寄稿文の撤回には至っていない。

9月には自民党総裁選が控えているが、今回の問題が影響する可能性はあるのか。今回の経緯を改めて振り返ってみたい。
dims
7月18日(水):『新潮45』が発売

7月18日(水)発売の月刊誌『新潮45』2018年8月号(新潮社)に、杉田議員が「LGBT」支援の度が過ぎる」というタイトルの文章を寄稿。
同日、立憲民主党の尾辻かな子議員がこの寄稿文についてツイッターで批判。多数拡散される。その後、LGBTコミュニティに限らず、さまざまな業界・立場の人からこの寄稿文に対する批判が殺到した。
7月23日(月):メディアが報じ始める

週明けの23日(月)から新聞、テレビ、WEBメディア各社が今回の件について報じはじめる。
主に自民党のLGBT特命委員会に政策提言等を行う当事者団体「LGBT理解増進会」が緊急声明を発表。
また、超党派でLGBTに関する法整備を求める全国組織「LGBT法連合会」が杉田水脈議員に対する抗議声明を発表
7月24日(火):稲田議員「寛容な社会を」松井知事「オカマもゲイも納税者」

自民党の稲田朋美衆議院議員がツイッターアカウントを開設。「私は多様性を認め、寛容な社会をつくることが『保守』の役割だと信じる」と投稿。
大阪府の松井一郎知事が杉田議員の寄稿文に対して「オカマもゲイも納税者だから生産はしているでしょ」とツイート。批判が集まりその後ツイートは削除。
7月25日(水):公明党「相容れない」「責任ある言動を」

公明党谷合正明参議院議員がツイッターで「ある自民党議員の「生産性」がないとの誌上での発言は、LGBTだけでなく、共助社会・共生社会を構築する上で相容れない考えだ。LGBTのイデオロギー対立、分断につながっていくことに危惧を覚える。基本方針に従って、しっかり施策を推進していかなければならない。」と投稿。
翌日7月26日には、公明党山口那津男代表が「子どもを産む、産まないことを非難がましく言うという言動はいかがなものか。国民の、社会の批判にさらされることをきちんと自覚した上で、責任ある言動をすべきだ。多様な生き方を認める、こういう寛容な社会をつくっていくことが我々の方針だ。」と述べた。
7月27日(金):自民党本部前で抗議運動

自民党本部前で杉田水脈議員の辞職を求める抗議運動が行われ、約5000人が参加した。
7月28日(土):自民党石破元幹事長「懐が深いとは言わない」

LGBT自治体議員連盟が抗議声明を発表した。
自民党石破茂元幹事長が「「生産性がない」なんてことを言ってはいけない。それが許されるようであって、自民党の多様性とは言わない。懐が深いとは言わない。人の気持ちを傷つけて、平然としているような自民党であってほしいと思っていない」と述べる。
7月29日(日):自民党谷川議員「同性愛は趣味」

インターネットテレビ「Abema TV」の番組に出演した自民党谷川とむ議員が、番組内で「同性愛は趣味」と発言。
7月31日(火):立憲民主党枝野代表「総裁選挙の争点」

立憲民主党枝野幸男代表は「「杉田氏の考えを認めるかどうかが、総裁選挙の最大の争点にならないとおかしい。争点にならなければ、自民党全体が同じような考え方をしていると受け止めるべきだ」とコメント。
北海道LGBT市民の連合が、自民党本部と自民党北海道連合に対し杉田氏の除名と議員辞職勧告要求を提出。自民党本部からは返答はなかったが、自民党北海道連から「自民党は多様性を受け入れる社会実現の推進に努めてきた。党本部に適切な対処を求める」と回答があった。
自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長は「あれはあり得ない。多様な価値観と生き方がある中で、それを支えていけるかっていうことを目指して、自民党全体もやっているわけだし。だから100年時代っていうこと、そして働き方改革も、いろんなことを含めてやっている中では、やっぱりあれは違うということを言わなきゃ駄目ですよね」と述べた。
8月1日(水):自民党が声明を発表

自民党が「LGBTに関するわが党の政策について」を発表。「今回の杉田水脈議員の寄稿文に関しては、個人的な意見とは言え、問題への理解不足と関係者への配慮を欠いた表現があることも事実であり、本人には今後、十分に注意するよう指導したところです」と、異例の声明となった。
8月2日(木):安倍首相「多様性の尊重は当然」杉田議員「今後研鑽につとめて参りたい」

安倍首相は「人権が尊重され、多様性が尊重される社会をつくっていくのは当然のことだ。政府・与党の方針でもある」とコメント。杉田議員の寄稿文は不適切だったとの認識を示した。
LGBT法連合会が杉田水脈議員の論考に対する自民党の対応について声明を発表した。
杉田議員の事務所より「自民党性的指向・性自認に関する特命委員会の古屋圭司委員長からご指導をいただきました。真摯に受け止め、今後研鑽につとめて参りたいと存じます」とコメントが発表される。
自民党二階幹事長は「こういうことはそんなに大げさに騒がないほうがいいんです。この程度の発言があったからと言って、帰国してからどうだってそんな話じゃありません」と発言。
自民党石破元幹事長は「平気で人権を傷付けてしまうような言動を認めること、おとがめなしが自民党の懐の深さだとは思わない」と述べた。
8月3日(金):LGBT自治体議連が声明を発表

LGBT自治体議連が杉田氏の謝罪と寄稿文撤回を求める声明を発表。
8月5日(日):渋谷駅前で抗議運動

渋谷駅前で抗議運動。以降も全国各所で抗議が行われている。
8月6日(月):杉田議員「問題がある」8割を超える

JNNの世論調査では、杉田議員の寄稿について、半数以上が「非常に問題がある」と回答。「問題がある」と答えた人を合わせると83%に上った。
未だ杉田議員からの謝罪、撤回等の対応はない
BuzzFeedによると、主要の与野党は今回の杉田議員の寄稿について問題があると発言している。しかし、杉田氏本人は「研鑽につとめて参りたい」というコメントだけで、辞職や謝罪、撤回等の対応はない。

現在も新聞各社の社説で杉田氏の寄稿が批判されている。日経テレコンで検索をすると、報道されはじめた7月23日以降、杉田水脈議員に関する新聞記事は今日までで338本確認できる。

「生産性」で人を測るような人物がこのまま国会議員であり続けるのか。9月には自民党総裁選が予定されているが、今回の問題が争点の一つとなる可能性はあるのだろうか。

(2018年8月10日fairより転載)


 引用元:https://www.huffingtonpost.jp/soushi-matsuoka/sugita-20180810_a_23499618/
杉田水脈とは(Wikipedia)

a2c8deaf

杉田 水脈(すぎた みお[注 1]、1967年4月22日[1] - )は、日本の政治家。自由民主党所属、元日本維新の会所属(所属政党は自民党に所属するまで計3回変わっている)。衆議院議員(2期目)。自由民主党比例中国ブロック選出。元新しい歴史教科書をつくる会理事。鳥取大学農学部卒。

LGBT
保育所増設の要望の広がりと共に、LGBT支援の広がりについても「旧ソ連崩壊後、弱体化したと思われていたコミンテルンは息を吹き返しつつあります。その活動の温床になっているのが日本であり、彼らの一番のターゲットが日本」であり「夫婦別姓、ジェンダーフリー、LGBT支援などの考えを広め、日本の一番コアな部分である『家族』を崩壊させようと仕掛けてきました」と主張[15]。

2015年7月2日、ネット番組・チャンネル桜において「同性愛の子どもは、普通に、正常に恋愛できる子どもに比べて自殺率が6倍高い」と笑いながら発言、更に「生産性がない同性愛の人たちに、皆さんの税金を扱って支援をする、どこにそういう大義名分があるんですか」とも発言[19]。後にアルジャジーラによって動画を英語字幕付きで報道され、記事がツイッター上などで拡散、海外から批判コメントが殺到した[19]。

2015年、自身の公式ブログにて、LGBTの人々について「生産性のあるものと無いものを同列に扱うには無理があります。これも差別ではなく区別」と記載。また、「日本では基本的人権が保障されています」とし、その上でLGBTの人たちが権利を主張することは「『LGBTの特権』を認めろ!という主張になります」 とし、「障がい者や病人以外は支援策は不要です」と記載、最後に「この問題を含め、うまくいかないことがあれば国や行政になんとかして貰おうとする。そういう事例が噴出してきています」「自分の問題は自分で解決できる自立した人間を作るための努力を怠ってきた、戦後日本の弊害かもしれません」と締めくくっている[20]。

2018年7月、「LGBTのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子どもを作らない、つまり生産性がないのです」などと「新潮45」2018年8月号に寄稿し、国内外の人々、当事者団体、自民党内外の複数の国会議員、大臣、弁護士、大学教授、芸能人など著名人からも批判が殺到した[21][22][23]。国内外の複数のマスメディアからも批判的に報道された。日本国外では米CNN[24]やアルジャジーラ[19]、英インデペンデント紙[25]、仏ル・モンド紙[26]など海外の有力メディアにも報道され、それを見た海外の人々からも批判が集まった[19]。

上記の発言に関し、当初「ネットで叩かれてるけど大丈夫。間違ったこと言ってないんだから、胸張ってればいいよ」などと「大臣クラスの先輩方」」や「LGBTの理解促進を担当している先輩議員」らから応援の声をかけられたとし、「自民党の懐の深さを感じます」とツイッターに投稿した。それらに対し杉田や自民党にも批判が集まり、後に投稿を削除した[21]。杉田は削除の理由について「"ゲイを名乗る人物"から脅迫活動を受け、警察と相談して削除しました」とツイッターに投稿。その7月23日の投稿を最後に、それ以前は毎日複数回更新していた杉田本人によるツイッターの投稿が8月4日現在途絶えている[27]。また朝日新聞などの取材に対し「コメントできない」と回答[21]。

杉田の議員辞職を求める声が野党の複数の国会議員から上がり、更に7月27日には杉田の議員辞職を求めるデモが千代田区の自民党本部の前で開催され、SNSなどを通じ約5,000人[28]が参加、自民党本部の周囲の歩道がデモの参加者で埋め尽くされた[29][30][28][31]。

連立与党では、自民党の石破茂[32]・稲田朋美[33]・小泉進次郎[34]、公明党代表の山口那津男[35]が杉田の寄稿内容を批判した。

自民党は、寄稿内容には問題への理解不足と関係者への配慮を欠く表現があったとして、杉田に指導をおこなった[36][37]。安倍晋三首相は、人権が尊重され、多様性が尊重される社会を目指すのは当然で、政府・与党の方針でもあるとの見解を述べた[36][37]。

同性結婚を法律上認めることについて、2017年の朝日新聞・東京大学谷口将紀研究室共同調査(以下、朝日・東大谷口研究室共同調査)では「反対」と回答[13]。

性犯罪
20代女性が準強姦被害を訴えた事件に関して、イギリスの公共放送BBCの番組内で「女として落ち度があった」と女性側を非難し「男性の前でそれだけ(お酒を)飲んで、記憶をなくして」、「社会に出てきて女性として働いているのであれば、嫌な人からも声をかけられるし、それをきっちり断るのもスキルの一つ」と発言した[38]。

家族制度
夫婦別姓に反対[15]。

家族の形態について、2014年の朝日・東大谷口研究室共同調査では「夫婦と複数の子どもが揃っているのが家族の基本」との意見に「近い」[39]、2017年の同調査では「どちらかと言えば近い」と回答[13]。

夫婦別姓・結婚後の職場での旧名使用
選択的夫婦別姓、結婚後の職場などでの旧名使用について、2014年の朝日・東大谷口研究室共同調査では「どちらかと言えば反対」[39]、2017年の同調査では「反対」と回答[13]。
杉田 水脈
すぎた みお
生年月日1967年4月22日(51歳)
出生地日本の旗 日本 兵庫県神戸市垂水区
出身校鳥取大学農学部林学科
前職地方公務員
現職衆議院議員
所属政党みんなの党→)
日本維新の会→)
(次世代の党→)
(日本のこころを大切にする党→)
日本のこころ→)
自由民主党細田派
公式サイト杉田水脈(すぎたみお)公式HP

選挙区比例近畿ブロック(兵庫6区)→)
比例中国ブロック
当選回数2回
在任期間2012年12月17日 - 2014年11月21日
2017年10月23日 - 現職


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%89%E7%94%B0%E6%B0%B4%E8%84%88



■以下、ネットTwitter民の反応(記事内に画像・動画等あり)■


今の『リベラル』は、自分たちだけが自分の頭でものを考えられる正しい教養人であり、大衆は社会の抑圧を内面化した器に過ぎないと考えているので
悪い思想の表現を消し、自分たちの正しい思想だけ注げば人類を正しい思想のもとで統一できると信じて疑わないけど
そんなことないです。
#新潮45

今回は読んでないが読まなくていいらしい。
LGBT差別が意地でもしたい風で

生物学的にレズやゲイは正常ではなく逆に痴漢は正常であるとかそんな、馬鹿げた話だったのだと断片的に捉えた。

解釈が間違っていたら申し訳ないが今回はこれが新潮社なだけに残念である

#新潮45

ネットで耳目を集めた #新潮45 だが次にやるべき事は決まってる。関西生コン幹部が大量逮捕された件とそれを #報ステ などの既存メディアが全く報じないという、日本の言論空間の異常性を指摘することだ。これでまた更なる売り上げが確実に見込めることに。若杉良作編集長なら、やってくれるだろう

しかし新潮社ってそんなに金に困ってんのか?二千万円くらい借金あんのか?こういう炎上商法に走るのは出版不況ゆえの断末魔なんやろなー。痛々しい。#新潮社 #新潮45

そもそも、しばき隊やサヨクの連中から叩かれた書籍がベストセラーになるというのは元在特会会長の桜井誠が上梓した『大嫌韓時代』で既に数年前に証明済み。この手の弾圧で青林堂の書籍も何冊も売れてきた。サヨクから叩かれたからと言って #新潮45 が路線変更するとは考え難い。売れるんだから(笑

@simalis1 【追記】

#新潮45 ネットでも売り切れてる模様。

近所の本屋に一冊だけ残ってるとの事で明日取りに行く事になりましたw(;・∀・)


新潮45の杉田水脈擁護の特集は読んでないし読む気もないな。どうせ性的趣向がどうのこうのと空虚なロジックを開陳してるだけだろうし。そういう空虚なロジックに巻き込まれてはいけない。頭がこんがらがってはぐらかされてしまうだけだ。これからの家族の在り方について本質的な議論をすべきだ #新潮45

#新潮45 が爆売れらしい。多くの書店で売り切れているのが目撃されている。若杉良作編集長の勝ち。次の11月号、反日サヨクを挑発すべく更なる右傾化が必至(笑)

新潮社の本は安田登さんの「能」
以降購入していない。
引き続き不要不急な新刊を購入し
なければ良いだけ。

#新潮45


@quitamarco #新潮45 の今回の踏み込みは、「“論考”を寄せた人たちの考え方を世に開示する」という意味で効果的であったとは思います。ただ、ご指摘のように、伝え聞く限りでもその内容は余りにも酷く、絶句してしまいます。日本において一体どうすれば、分断の先にある人たちにこの絶句振りが伝わるのでしょうね。

#新潮45
話題なので読んでみようかと思って本屋によったら置いてなかった。
Amazonでも中古が1800円で売られたりしていてすごい。
佐山徹のケーフェイみたいに誰かが買い占めてるのか?

#新潮45 でS田議員の「LGBTは非生産的だ」という差別的発言を庇うような記事を載せていた、という事を知って呆然🤦‍♀️
これは新潮社は差別を容認する会社だと見られてもおかしくない。
人権は憲法で認められているはずなのに…😫

新潮45の同性愛者が非生産的とい意見への擁護特集は、どう考えても炎上商法を狙ったものにしか見えない。そういう意味で、新潮社は確信犯だし、周りが騒いで売り上げが伸びれば、予定通りで喜んでいるだけだと思う。そこで働く人たちは、自分の子供達に誇れる仕事をしたと思えるのなら、それまでかな?

しうへいがTwitterアカウント持っていたら新潮45以上に炎上していたな

新潮45,殆どの人が存在を知らない(忘れている)し読んだことがない雑誌だったと思うんだけど。見事な宣伝効果だよな。
ただし、炎上狙いというより、書籍等の販売動向を分析してあの手の路線に追従しようという目論見なんじゃないかと想像している。

@gksi0725 新潮45を読んだわけではないからなんとも言えんけど…
まあ論理の深部にあるもの自体は、完全にめちゃくちゃなわけではないとも思うよ。でも公にして言うようなことじゃないし、言葉が独り歩きして炎上するのは当たり前だよな…みたいな感じかな?

杉田水脈さんは自分を擁護する新潮45の寄稿でまた炎上し、あっちで炎上したと思ったらこっちでも炎上するし、もはや炎上芸のスターだと思う次第。

新潮45炎上商法にしか思えないんだけどそうじゃないんなら最高にアホ

新潮45と新潮社文芸の炎上商法の狡猾さに比べて、岩波とか、ほんとお人よしというか、あまりにも無防備で脇が甘すぎて、新潮社にまんまと利用されていて、本当に無念ですよ...

新潮45も意地が悪いよな小川榮太郎さんの発言は少なくとも生物学的に正しくないのを知ってて炎上期待して掲載したやろ。お陰で愚者が愚者として名前が広まった点は良かった。

新潮45「杉田論文特集」が”炎上商法”で売り上げ倍増
高橋源一郎氏らが続々と批判 (#AERAdot)

これまでどれだけのウソをまき散らしてきたのだ、『#朝日新聞』。

これまでいろいろな思想家を見てきたが、クズ思想家・言論人はこの系のネタにはすぐに喰いつくのが特徴。


みんな雑誌買わなくなったから、炎上するくらいしか話題にならないと思っちゃうのかな。これで新潮45売り上げ上がるだろうし。。しかしリアルであんな事言ってる人に出会ったら、認識されるだけでもやばいモンスター、逃走の痕跡を消しながらあらゆる手を尽くして距離をとらなければ生き残れない

新潮45の炎上商法にふりまわされている感がある。私が

@kazuyahkd2 @YouTube 少し遠目から傍観してました。

LGBT左派、こいつらがガンなんですね。
少しずつ見えてきました。
LGBT左派が手ぐすね引いて待っていたのだから、
やはり小川氏の致命的な数行は考え直して出版した方が変な炎上も少なく済んだかも知れませんね。

とりあえず新潮45を一度読んでみたいと思います。

新潮45の記事が炎上してるん

LGB(Tは除く)は性癖
そんな人を公的資金を使って擁護するシチュエーションをあたしゃ想像できんよ
(´Д` )

#新潮45
#水脈応援

悪いのは新潮45なんだから、新潮の文芸や新潮文庫は支援しましょうって、ちょっと待て。どこまで織込み済みだったかは扨措き、結果的にでも新潮社としての炎上商法成功の巻にしちゃ駄目だろ。またやらかすぞ。冷静になろうよ。

新潮45の特別企画について。反応することで、相手の炎上商法に乗ってしまうことになるのではないかと危惧し発信を躊躇していますが、開き直りが雑誌側の回答のようです。論評に値しないというのが正直な感想です。

新潮45?と杉田水脈の話がすごい炎上しててなんじゃこりゃってなってニュース読んでみたわけですが、原本読んでないからあれなんだけど、矛盾がいっぱいの新潮45の記事が気になりすぎてな、でもそのために買うのは新潮社の思惑にハマりそうで嫌だ( ˇωˇ )だが十二国記新刊出るなら新潮社でも即買う

新潮45の件。中の人の反骨を以て綺麗事にするなと言う正しさに冷笑系が用いる「自己責任」と同じヒヤッとした空気を感じる。立ち上がった者に石を投げる必要があるのか、孤立させて誰が得をするのか、もしかして練り込まれた炎上商法だとしたらも含めて考えてみるなど。

新潮社文芸の社員も新潮社新潮45の社員も普通に新潮社の社員として、社外活動して、飲み会して、宴会に出たりパーティに出たりして社内懇談で仲良くしている訳ですよ。炎上商法で売上倍増狙いの単なる演出的対立に、岩波まで手を貸しているとはどういうことなのでしょうか
#ナカノヒト会

なんか…「新潮45」の炎上特集はなにげに売れてないと知っても、このタイミングでやってきたということが、あたかも総裁選における現首相のダメさ加減からすこしでも目をそらさせようとしてるようにしか思えない。実際、Twitter界隈では新潮45の話題で持ちきりになっているのだし。

新潮45が完売。炎上商法に加担しないようにしましょう

新潮45が炎上してる件。論調は大分過激だけど元記事を見ると論者は私はLGBTを受け入れられないって言ってるだけに見える。それを週刊誌でいう是非はともかく、そう主張すること自体は良いんじゃないだろうか。いつも言論の自由を声高らかに掲げる出版各社がこぞってSNS上で叩く方が違和感を覚える。

新潮45編集部は売上のために犯罪を容認するような文章を載せてるっていうことがどれだけヤバいことかわかってなさそう。金のために倫理を売ったら文壇にいる資格なしと見なされるぞ。叩かれるとか炎上とか赤字とかそういうレベルじゃないぞ

Gmenの末期に必要だったのは新潮45的な炎上だったんですかね?ガガンボさん。

新潮45 はある意味振り切ることを決断して炎上専門メディアのポジションを取ったんではないかな? 逆の立場で日刊ゲンダイも同ポジション
窮鼠猫を噛む? やけっぱち?
まあでも執筆論者が誰かということで物事を分かりやすくしてくれているとも言えるw DHCが隠れスポンサーに付いてたらもう完璧w

新潮45の話、断片的にしかツイートを見てなかったから、よく知らなかった。酷いな。文芸評論家の痴漢の話、吐き気がするわ。最近書店に行くと溢れている、現政権の広報誌みたいな内容の本を新潮社が出すのもびっくり。話題になって売れれば何でも良いの?炎上狙い?がっかりした。

新潮45気になるし買ってみようかな…
わざと炎上させてるんだろうけど読んでみたい

新潮45の
彼ら(痴漢)の触る権利を社会は保証するべき
との一文が炎上しているが
前後を読めば、小川氏は触る権利の保証を求めてはいないとわかる。
これはミラーリングのつもりで書かれている。

新潮45と杉田水脈議員の炎上について
沢山の人が批判しているがその中で実際に雑誌を買って読んだ人はどれくらいだろうか。
おおよその批判者は記事すら読んでいないように思える。主題は「LGBTは生産性がない」ではなく、「LGBTについてメディアや政治は過敏すぎないか」である 。
#新潮45

新潮45が杉田水脈の主張を掲載したことをめぐって炎上。これは、思想、出版、そして、表現の「自由」が保証されている日本だからこ起きた事。検閲が行われるようなったらこんな議論も起き得ない。彼女や新潮45には全く与しないけど、そういう考えをする人もいることが周知されるのはイイ事 #クロス

新潮45、見事に売り切れか。炎上商法成功かよ。

新潮と新潮45のLGBT絡みのいざこざは炎上商法に見えなくもないけど
ネットゲーマーは老若男女はては中身子供や貧富の差など【関係なく】差別しないマインドを持っていると思ってる。
戦後100近くでようやく人前でのキスが許容されたのだから同性愛を認めるまでまだ結構かかるさ(´・ω・`)

「良心に背く出版は、殺されてもせぬ事」って、きっと新潮45 @shincho45は、良心の呵責なんて無いだろう。
それにしても、話題の😂10月号を告知する編集部自身のツイートが、あまりに炎上していないのは何故?(苦笑)

LGBT批判して何の得があるんだろう。炎上やヘイトで物議を醸す演出が流行っているけど、そんな戦い要るんだろうか…(皮肉にもこの騒ぎで新潮45というものを知った)私はそういうの無縁だから全く理解できない…。何だか過激だな。人を傷つけるより人を幸せにする方がいいと思うんだけどなぁ。

新潮45の炎上を社内で後輩に話していたら「炎上商法ですかね?」と。かもしれないけど、だとしたら小川榮太郎氏は新潮45の為になら死ねるって人なのねー。いやー凄いわー。

新潮45の炎上、面白すぎ。
自分が想像もし得なかった社会の出現を目の当たりにしどうしたら良いか分からず有り体に狂乱状態を吐露してくれた小川氏の記事はイノベーターを志向する僕にはとても痛快だ。世界は胎動し進み続けている、ハラリのhomo deusを読もう

炎上中の新潮45の寄稿文。流れてくる情報からやばいやばいと驚き、怖いもの見たさで本屋寄ってマンガ買うついでにサッと立ち読みしてきました。
評論家氏はまずLGBTの知識を全く知らない、知ることも拒絶すると白状してるので内容は大体流れてるとおりのお察し具合の感想文ですね

新潮45の炎上を受けて、各社版元のTwitterの中の人同士が繋がりを持とうという動きが出てきた。